Warning: Declaration of Pitch_Walker_Page::start_el(&$output, $page, $depth, $args, $current_page = 0) should be compatible with Walker_Page::start_el(&$output, $page, $depth = 0, $args = Array, $current_page = 0) in /home/kwhats/pink-ribbon.jp/public_html/wp-content/themes/pitch/functions.php on line 494
第3回|大森洋平さん(シンガーソングライター) | FUKUOKA PINK RIBBON|福岡ピンクリボン

第3回|大森洋平さん(シンガーソングライター)

IMG_0290

まずは昨年の夏、百道浜でのイベントに参加できたこと本当に嬉しく思っています。

ありがとうございました。

ピンクリボンを知るきっかけは、仲良くさせてもらってた川村カオリさんの存在。
自分が知る中でも、本当に強くてかっこいい女性。
そして何より誰かのために本気で動ける優しさに溢れた人。

その繋がりで夏のイベントに呼んでいただいた川田さんにも出会う事が出来、
その活動や乳がんについても知るようになりました。

日本人女性の約20人に1人が発症すること、男性もかかること。
早期発見すれば、完治する可能性が高いこと。
など、本当に知らないことが多く驚かされました。

だからこそ、それを伝えていく活動の意義、大切さを心から感じました。

本当に微力ではありますが僕も唄を通して、
命の大事さ、何よりまずは1日1日を大切に生きることを伝えていきたいと思います。
それがカオリさんから僕が受け取ったメッセージです。

この出会いに感謝し、また繋がっていくことを願って。

2010.1 大森洋平

大森洋平(1976年12月11日生まれ 金沢市出身 唄うたい)

音楽がいつも周りにあるような環境で育つ。
14歳の頃から曲を作り始める。
高校時代はバンドを結成しコンテストや数々のライブで注目を集める。
1995年にソロとなり浜松のjapan open’95に出場しグランプリを獲得。
1996年9月、single「彼女」でソニーレコードよりデビュー。
その後もCDリリース(discography参照)、
全国各地でのイベント・ライブを中心に活動。
その他、FM福岡、長崎、AIR-G、bayfmなどでパーソナリティをつとめ、
2004年3月には尾崎豊トリビュートアルバム「BLUE〜A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI〜」に
「LOVE WAY」で参加。同イベント「THE NIGHT」にも参加し注目を集める。
また2004年10月発表のsingle「グライダー」は、
映画「1リットルの涙」の挿入歌になるなど、活躍の場を広げている。
2006年にはデビュー10周年を迎え行われたライブ
「THE SONG」の模様を収録した、自身初のライブアルバムをリリース。
2008年6月シングル「ガールフレンド」をリリース。
そして、2009年4月15日には待望のNew mini albim「ドラマチック」をリリース。

「唄える場所があればどこでも唄う」
をモットーに、積極的な音楽活動を続けている。

大森洋平さん(シンガーソングライター)
http://www.yohei-ohmori.com/(自身ホームページより引用)