Warning: Declaration of Pitch_Walker_Page::start_el(&$output, $page, $depth, $args, $current_page = 0) should be compatible with Walker_Page::start_el(&$output, $page, $depth = 0, $args = Array, $current_page = 0) in /home/kwhats/pink-ribbon.jp/public_html/wp-content/themes/pitch/functions.php on line 494
乳がん検診 | FUKUOKA PINK RIBBON|福岡ピンクリボン

乳がん検診

乳がん検診

月に1度のセルフチェック
乳がんの自己検診方法

自己診断を続けることで、普段とは違う乳房の変化に気づくことができます。
月に1度、セルフチェックを行う習慣を身につけましょう。

自己検診は、生理が終わった後4〜5日が適当です。閉経後の方は毎月、日を決めて行ってください。

 

鏡の前で乳房の形をチェック

乳がん検診

1. 鏡の前に立ち、両腕の力を抜いて自然に下げたまま
次のことを調べます。

A. 左右の乳房の形や大きさに変化がないか
B. 乳房のどこかに皮膚のへこみやひきつれはないか
C. 乳首がへこんだり、ただれができていないか

乳がん検診

2. 両腕を上げた状態で、A・B・Cと同じ項目を調べます。

※しこりがあると、そこにへこみができたり、
ひきつれができたりすることがあります。

仰向けになってしこりをチェック

乳がん検診

3. 仰向けに寝て、あまり高くない枕か折りたたんだタオルを
背中の下に入れます。左手を上に上げ、頭の下に入れるようにします。
右手の指をそろえて伸ばし、まず左乳房の内側を調べます。
※乳がんの自己検診を行うときは、
指先で乳房をつままないようにすることが大切です。

乳がん検診

4. 右手を左乳房の内側(乳首よりも内側)にのせ、
指の腹を胸の中央部に向かって柔らかく、
そしてしっかりと滑らせるようにし、しこりの有無を
まんべんなく調べます。

乳がん検診

5. 同じ姿勢のまま左腕を自然なイチに下げ、
今度は乳房の外側の部分を外から内に向かって
柔らかく、しっかりと指を滑らせて調べます。

6. 右乳房も同様にして調べましょう。

わきの下のリンパ節と乳頭をチェック

乳がん検診

7. 起き上がり、右手の指をそろえて伸ばし、左わきの下に入れ
しこりがあるかどうか指先で確かめます。
右のわきの下についても同様にして調べます。

乳がん検診

8. 左右の乳首を軽くつまんで、乳を搾るようにし、
血液が混じった分泌物などがでないか確かめます。

> 乳がん検診ができる九州の病院・クリニック一覧

早期発見のため、定期的に乳がん検診を受けましょう。

がんを早い時期に発見するためには、毎月の自己検診に加えてマンモグラフィなどの画像検査を入れた
乳がん検診を受けることが大切です。

早期乳がんの発見に威力を発揮する「マンモグラフィ」

マンモグラフィとは、乳房専用のX線撮影のことです。マンモグラフィは、
触診では診断できない小さなしこりや、しこりになる前の石灰化した微細な乳がんの発見に
威力を発揮する検査法で、乳がんの早期発見に欠かすことのできないものです。
ただし、マンモグラフィは乳腺が蜜な若い人の場合はX線写真がかすんでしまい、
しこりをみつけるのが難しいこともあります。また、X線撮影のため、妊娠している人には適しません。

乳がん検診とマンモグラフィ

従来まで、日本の乳がん検診では、医師による視触診が中心でした。
しかし、厚生労働省のがん検診の指針改正により、2000年から50歳以上、
2004年からは40歳以上の女性に対して、2年に1回のマンモグラフィを原則とした
乳がん検診が実施されています。
40歳以上の方は、定期的にマンモグラフィを用いた乳がん検診で、
より早期での発見が可能になってきています。
マンモグラフィは、乳がん検診で唯一有効性が証明された検診方法です。
「有効」な検診とは、がん死亡率を減少させる科学的根拠をもった検診のことです。

若い人の診断に役立つ「超音波検査」

超音波検査(エコー検査)は、乳房に超音波をあて、組織からの反射をとらえて画像にし、
わずかな濃度の違いで病巣を診断するものです。マンモグラフィに比べて
小さなしこりや石灰化の診断が困難ですが、しこりの内部構造の鑑別がしやすく、
乳腺の蜜な若い人の診断にも使うことができるといえます。
また、放射線を使わないので、妊娠している人にも安心です。
しかしまだ、検診に有効であるとする根拠がないため、国の指針には入っていません。

超音波による乳がん検診の有効性を確かめています。

厚生労働省は、国家的プロジェクトとして2007年から「がん対策のための戦略研究 – 乳がん検診による
超音波検査の有効性を検証するための比較実験(J-START)」を立ち上げ、
有効性の検証を進めています。 詳しくは下記ホームページをご覧ください。

J-START
http://www.j-start.org/

アストラゼネカ株式会社発行「乳がんからあなた自身を守るために」より

> 乳がん検診ができる九州の病院・クリニック一覧